スノボ・スキー初心者さんが持って行った方がいい持ち物!実際に体験してあってよかったアイテム紹介

今年の冬初めてスノーボードもしくはスキーをするという方のために持って行った方がいい持ち物をまとめてみました。

少しでも快適に楽しい日にしたいという方はぜひチェックしてみてください!

初心者ならスノボ用品はレンタルでよし


スノボに行く際はウェア・板・グローブ・ブーツ・ビンディング・ゴーグルは必須になります。

初めてスノボやスキーを始める方はウェアや板はレンタルでいいかと思います。

3〜4回行って慣れてきてはまりそうなら自分専用のボードやウェア・ビンディング・ブーツなどを購入すればOK。

なれてないうちに購入してはまらなくて使わなかったらもったいないです。

スキー場や通販などでレンタル可能なのでそこで借りましょう。

その際に保険料がかかる場合もあります。

自分で用意できるスノボの持ち物

ニット帽


防寒のために頭にかぶる帽子は必須。

あるとないとでは寒さが違います。

見た目も可愛くなるのでおすすめです。

ワンカラーのほうがウェアにあわせやすいです。

あったかインナー

ゲレンデは思った以上に寒いのでヒートテックなどのあったかインナーをもっていくのをおすすめします。

寒いのが苦手な方はヒートテック二枚重ねとかするといいかも!

ウィンタースポーツは汗をかくので吸汗速乾性が優れているものがおすすめです。

着替え用にもう一枚持参していきましょう。

厚手の靴下

通常の靴下だとブーツを履いていても脚が冷たくなるので厚手の靴下が最適。

雪が入り込むのを防ぐためにも丈が長い方がおすすめです。

ネックウォーマー

首元は暖かくしておくことで寒さをしのぐことができるのでネックウォーマーはあったほうがおすすめです。

こちらはフードもついているので3wayの使い方ができます。

ボアがとても分厚く暖かいので首元がポカポカ温まります。

けつパッド


私はこのケツパッドに助けられたことがありました。

2回目ぐらいのスノボでやっとくるっと回れるようになってならすために何度もしていたらお尻から転び強くお尻を強打!

ケツパッドがあってもかなり痛かったので、なかったらと思うとかなり恐ろしいです。

スノボ初心者の方は本当によく転ぶのでケツパッドや膝パッドを装着することをお勧めします。

スマホ防水ケース

雪とは行っても解ければ水なのスマホの防水ケースは必須。

ベタベタになって故障の原因になりかねないのでいれておけば安心です。

カイロ

カイロはお腹と背中に貼っておいて正解。動いていると暑いかもしれませんがリフト待ちの時や立ち止まっているときはかなり寒いので貼っておいて損はありません。

日焼け止め

ゲレンデは雪焼けしやすいので日焼け止め必須!

紫外線が二倍といわれているので焼けやすく、跡も残りやすいので要注意。

髪の毛には日焼け止めスプレー、唇にはUVカット効果のあるリップクリームを塗りましょう。

 

携帯灰皿・ターボライター

喫煙者なら携帯灰皿とターボライターを忘れないようにしましょう。

ゲレンデは風が強いときがあるので普通のライターより風に強いターボライターのほうがおすすめ。

タバコのポイ捨てをしないためにも灰皿はちゃんともっていきましょう。

小物入れ

小銭・お札・リップ・絆創膏・鍵などを入れておく小物入れがあったほうが便利。

雪でベタベタにならないように防水タイプのものがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です