空気清浄機を買うなら9月がお得!シャープ・ダイキン・パナソニックおすすめの3大メーカー紹介

9月になると様々な家電の新商品が発売されるのですが、その中でもおすすめなのが空気清浄機。

新商品がでれば、当然前の型が古くなるわけなので安く購入することができます。

秋の花粉症もありますし、冬はインフルエンザなど感染症が心配な季節でもあるので空気清浄機を買う、もしくは買い換えるなら今なんです。

そこで今回はおすすめの空気清浄機をご紹介させていただきます。

空気清浄機 シャープ

空気清浄機ならまずおすすめしたいのがシャープです。

こちらの空気清浄機は高濃度のプラズマクラスター7000を搭載しています。

プラズマクラスターの主な役割は空気をきれいにし静電気を抑えて、嫌な臭いを分解してくれます。

浮遊するカビ菌・ウイルス・アレル物質の作用も抑えてくれるので私たちの健康を守ってくれます。

他にも微粒なホコリを感知するセンサーやPM2.5の濃度をお知らせするPM2.5モニター、加湿機能が搭載されています。

お値段も他のメーカーと比べやすいのでおすすめです。

空気清浄機 ダイキン

機能面で選ぶならダイキンがいいでしょう。

こちらのMCK70RJ-WはPM2.5などの微粒子を識別し感知する好感度ホコリセンサーを搭載しています。

すばやく見つけて集塵し吸い込んで分解させることでお部屋に空気をきれいにしていきます。

集塵力は抜群で吸い込んだらしっかり捕まえて離しません。

ダイキン独自のストリーマという機能を使って有害物質を分解・除去していきます。

他にも、節電モードや外出中に空気をきれいにするるるばんターボや、加湿フィルター除菌など様々な機能を搭載しています。

空気清浄機 パナソニック

パナソニックも空気清浄機に強いメーカーのひとつ。

ウリはナノイーという空気をきれいにするイオン機能です。

またデザインは他のメーカーよりもおしゃれです。

ハウスダストやPM2.5など素早く吸収してくれます。

気流が強いの遠くの方にある有害物質も吸い込んでくれます。

嫌なニオイなどもすばやく取り除いてくれますよ。

この型は古いので花粉センサーはありませんが、9月に発売される空気清浄機は花粉を徹底除去してくれるそうです。

加湿力もあがっているのでお部屋が潤います。

まとめ

シャープはプラズマクラスター搭載で価格は他のメーカーよりも安い。

ダイキンは、機能面が優れています。

パナソニックはデザインがかっこよく、性能も次々進化しています。

自分にあった空気清浄機を今安い時に購入してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です