雨の日に便利!2016年優秀ふとんクリーナーはこれ!レイコップ・ダイソン・シャープなど

5月からは雨季に入り、雨の日が多くなります。

そうなると布団が干せないのが困ります。

そこで便利なのが、ふとんクリーナーです。

数年前に登場してから大ヒットとなっている家電です。

今までは一部メーカーのみが販売していましたが、今は各大手メーカー高機能なふとんメーカーを販売しています。

定番のレイコップふとんクリーナー

ふとんクリーナーといえばレイコップですよね。

レイコップでは同じふとんクリーナーでも性能や機能が違うシリーズが幾つか出ています。

中でも最上級のふとんクリーナーがRPです。

3分間で90%以上のハウスダストを除去し約70℃の熱風でふとんを乾燥してくれます。

ふとんを住処とするダニも住みにくい環境をつくってくれます。

毎分3600回振動するたたきたたきパッドが4つついています。

 

ダイソン

掃除機が優秀のダイソンのふとんクリーナーは吸引性が高く操作しやすいです。

ふとんの内側に潜む荒れる物質も吸い取ってくれます。

ただ、接触面が小さいので手入れする時間が長くかかります。

ゴミは底面からだせるのですが、出すときに舞ってしまうので注意が必要です。

 

シャープサイクロンふとん掃除機

温風でダニを追い込み、一気に吸い込んでくれるふとん掃除機です。

細かい塵を一箇所に集めるのが得意です。

高速振動のたたきハイパワーブラシでハウスダストも除去してくれます。

ゴミを捨てるときに埃が舞いにくいようになっているのが嬉しい機能。

 

パナソニックふとん掃除機

センサーでほこりなどのハウスダストを検知しながら掃除できるのでゴミを見逃しません。

ノズルが回転するので操作性は◎

紙パック式なのでゴミにふれなくていいのが衛生的にいいので好評です。

吸引力はダイソンに負けますが、操作性やゴミ捨ての機能はかなり優秀といえます。

 

ふとんクリーナーの選び方

◆吸引力

ふとんには目に見えないほこり、ダニ、ハウスダストがたくさんあります。

吸引力が強めの方が細かいゴミを取り除いて清潔な状態になります。

◆ゴミ捨て

普通の掃除機と違って吸い込むゴミはダニやアレル物質など人体に影響あるものばかりです。

舞い散らないように捨てれるかどうかなど確認したほうがいいでしょう。

◆操作しやすいか

掃除する部分がふとんなので布やシーツなどがひっつきやすいです。

そのため、前後左右スムーズに動くものの方が掃除しやすいので、操作性をチェックするのをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です