冬に最適!ひざ掛けに使える電気毛布やおすすめしたい人気の電気毛布を紹介

denkimoufuosusume

こんにちは、管理人です。
最近は夜寝ようとして、布団に入ろうとすると布団が冷えていて少し時間が経つまで寒い思いをしないといけないので、それらを解消するために事前に電気毛布の電源を入れて温めておくようにしてしまいます。
布団に入ってすぐに寝ることができますし、夜中に寒くて起きることもなくて快眠ができるので寝不足解消にもつながります。

そこで今回はそんな冬に絶対用意しておきたい電気毛布やそれに伴う電気代・使い方などを独自の視点から紹介していこうと思います。
大きなサイズのものを買おうとすると安い買い物ではありません。購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

電気毛布 おすすめ

布団の中にあらかじめ入れておけば、いざ布団に入るときに暖かく快適に睡眠に入ることができる電気毛布ですが、いろんなおすすめの商品があります。まあ電気毛布自体の機能はいろんな商品がありますが、そこまで変わらないので自分が思い描いている用途にしっかり沿っている電気毛布がおすすめです。

最低でも備えておいた方がいい機能というのは、電気毛布の強弱設定とタイマー機能です。
寝ているときというのは体温が無意識にあがり、その体温のときに電気毛布で温めてしまうとただただ暑いだけです。
そこでタイマーがついている電気毛布であれば、深い眠りに入る3時間切りタイマーにしておけば、体温が高いときは通常の布団の暖かさになってくれます。

電気毛布の使い方としては、睡眠に入るまでが勝負ということですね。

ニトリ 電気毛布

ニトリの電気毛布はさすが家具を中心に扱っているお店だけあって商品の幅が広いです。
ひざ掛けとして使用できる1000円以下の商品〜20000円以上のダブルサイズのベッドにも適用できるものまでと。
また、ニトリの電気毛布はたくさんの商品の種類があるのですが、素材が一つずつ違っていて、中でもNウォームというものが一番暖かいです。

こんなCM見たことはありませんか?

そうなんです。Nウォームは暖かいんです。
ニトリが家に近くにある方は一度お店に出向いてみてはどうでしょうか?

電気毛布 電気代

電気毛布関連のことを調べているということを人に話しているとよくこんなことを言われます。
「電気毛布ってこたつよりも電気代かかるんだよね?」と。しかし実はそんなこともないんです。
むしろ、暖かさもこれだけある電気毛布なのに、一月の電気代は1日8時間つけていたとしても30円前後にしかならないんです。
仕送りもなく一人で暮らしている学生であれば、こたつやエアコンを使うよりずっと安い価格で防寒生活をすることができるんです。
こたつの場合は1日8時間つけていたとしたら、100円以上かかってしまいますよ。

電気毛布 ひざ掛け

布団の中に入れて就寝するときに使う…というイメージが強い電気毛布ではありますが、人気の理由は大きさを変えていろいろなところで使える商品になっているからなんです。特に最近人気の電気毛布がひざ掛けタイプの電気毛布なんです。
人気の層はOLの方のようで、パソコンのUSBが電源供給になっている電気毛布型のひざ掛けは、どうしても手先が冷えてしまう冬に最適なようで快適に仕事を進めるための必須アイテムになっているようです。

電気毛布 電磁波

電気毛布だけではないのですが、最近は家電から出る人間が感じられないレベルの電磁波が人体に悪影響を及ぼすとか及ぼさないとか話題になっています。
海外では開発される電化製品に電磁波カットの対応がされているのですが、日本ではまだ遅れているのが現状です。
今後はそういった対策も強化されすべての電化製品の最低基準があがる時代がくるかもしれませんね。

っということで商品紹介に戻ると、上記の電気毛布は電磁波を99%カットしてくれているのでその点心配いりません。

電気毛布 使い方 タイマー

電気毛布の基本的な使い方就寝前までに電気毛布の電源を入れておき、布団に入ったときに暖かくしておくことが使い方の一つです。
昔よく使われていた湯たんぽをイメージしてもらうとわかりやすいと思います。それが電気になった感じです。
上の方でも紹介しましたが、タイマーを上手に活用すると快眠を得られやすいです。
寝るときに2時間〜3時間ぐらいで切れるようにタイマーを設定しておけば、就寝であがった体温がちょうどいい感じになります。

電気毛布 洗濯

電気毛布のメンテナンスの難しさはやはり洗濯ですね。
電気毛布の場合は洗濯機などで丸洗いできるものもあれば、機械との接合部に水が入ってしまうと壊れてしまうタイプのもので洗濯機での丸洗いができないタイプもあります。
そういったタイプのものは毛布の部分を手洗いするしかないのですが、丸洗いができるものを希望されている場合は、あらかじめ洗濯機で丸洗いができるものを狙って購入するのがいいと思います。

洗濯などでメンテナンスを施す場合には、タグの部分をしっかりチェックしておきましょう。

電気毛布 人気 ランキング

いかがでしたでしょうか?
冬には必須の電気毛布ですが、いろんなタイプのものがありますので自身の目的に合う電気毛布をしっかりと見極めていきましょう。

では最後に人気のランキングです。


昔からの電気毛布が人気のようですね。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です