カーボンヒーターのおすすめ紹介!メリット・デメリットや人気メーカーまとめ!アラジン・ブルーノなど

冬に使う暖房器具で今人気を集めているのがカーボンヒーターです。

石油やファンヒーターよりも安く購入でき、電気で動くので安全。

体の芯からポカポカ温まるので注目されています。

そんなカーボンヒーターのメリットやデメリット、おすすめ商品をご紹介します。

カーボンヒーターとは?

カーボンヒーターは暖房器具の一種で電気で動くヒーターになります。
発熱体に炭素繊維(カーボン)を用いります。
コンパクトで軽量なので女性でも簡単に持ち運べますしリサイクルもできるので地球に優しい家電なんです。

ハロゲンヒーターとの違い

見た目がハロゲンヒーターに似ているのでどこが違うかわからない方も多いかと思います。
ハロゲンヒーターの発熱体はハロゲンランプになります。
カーボンと比較するとカーボンのほうがハロゲンランプよりも2倍の赤外線放射量があり、体の芯まで暖まりやすいです。
また、消費電力もハロゲンヒーターの半分なので圧倒的にカーボンヒーターのほうがおすすめです。
しかし他のヒーターよりは消費電力は大きめなので選ぶ際は電気代に注目してみましょう。

おすすめカーボンヒーター

アラジンのカーボンヒーター

アラジンはグラファイトヒーターというものになります。

グラファイトというのは炭素から作られる黒鉛という元素鉱物です。

そのため、カーボンとグラファイトは同じ炭素の仲間になります。

グラファイトはカーボンヒーターよりも素早く点灯し素早く暖まる性質をもっています。

電気ヒーターはお部屋の広い範囲を暖めるのは不向きですが、こちらは自動首振り機能がついているので広範囲暖めることができます。

転倒した時にはオフになり、誤作動防止のためのチャイルドロックもついているので安心して使用できます。

ブルーノのカーボンヒーター

レトロでノスタルジックなデザインが可愛らしいカーボンヒーターです。

まるで石油ヒーターのようで見た目からもポカポカ暖まります。

出力はダイヤルで細かく調節できるようになっているので自分のちょうどいい暖かさにできます。

タイマーもついているので寝ている時もつけていられるし、消し忘れる心配もありません。

カーボンヒーターには珍しいファンが取り付けられているので温まった空気を広めることができます。

欠点を上手に補っているのでかなり優秀です。

スリムで軽量なので持ち運びにも便利。

机の下やキッチンなど狭いスペースに最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です