知っておきたいお歳暮マナーまとめ!時期・相場・喜ばれるギフト・NGギフトなど

もうすぐお歳暮シーズンがやってきますね。

お世話になった方にお歳暮を贈る上の基本的なマナーはご存知でしょうか?

相手に失礼にならないようにきちんと把握しておきましょう!

お歳暮って何?

c531e6a1fea35f61d67aae7f7b357179_s

お歳暮とは一年の終わり(12月ごろ)にお世話になった人に感謝する歳暮周りと呼ばれる行事があります。そこで贈答品として送るのがお歳暮になります。

お中元の冬バージョンみたいなものですね。

昔は自分でお歳暮を購入し、お世話になった方の家や会社に直接訪問して渡す風習でしたが、現在では購入したデパートや販売店から相手に贈られることが多くなってきました。

 

お歳暮の時期は?

お歳暮の時期は12月初旬から12月31日までに贈ります。

ただ地方によって時期が異なります。関東は12月初旬から、関西は12/10ごろからが定番らしいです。

年末は冬休みに入ったり新年の準備などがあるので20日ぐらいまでに贈るのが良いと言われています。

もしお歳暮の時期を過ぎてしまったらのしの書き方を変えましょう。

1/1〜7までなら「御年賀」、1/8〜2/4までは「寒中御見舞」にしましょう。

注意したいのは喪中の相手の場合です。喪中のご家庭には「御年賀」はNG。1/8以降に「寒中御見舞」として贈りましょう。

お歳暮の相場

身内の方(両親・親戚) 3000円〜5000円
目上の方(上司・恩師・取引先・仲人) 3000円〜5000円
同格の方(友人・同僚) 3000円
特にお世話になった方 5000円〜1万円

お世話になっている度合いで金額が決まります。

3000〜5000円が相場になります。特にお世話になっている方や目上の方には高い金額のギフトを贈る方が多いようです。

お歳暮に喜ばれるもの

23c47b2fdae4020ddf7835fb71417cf7_s

一番いいのは相手の好物を選ぶのがいいでしょう。

事前に好きなもの、嫌いなものを把握しておけば選びやすいと思います。贈る相手の家族構成や年齢を考えて贈るとさらに喜ばれると思います。

また、トレンドのものや冬の時期ぴったりなものを選ぶと良いでしょう。

例えば、カニ・鍋・お肉・数の子などです。

贈る相手が多いと贈るギフトを統一したくなりますが、一人一人にあったギフトを選ぶことで好感度もアップします。

また、年末は忙しい方も多く長期連休で出かけている可能性があるので必ず受け取れるかの確認と日持ちするものを贈ると良いでしょう。

お歳暮にNGな贈り物

c596e7576b0c231e61b5ffe1b1b4c7c9_s

お歳暮には贈ると失礼にあたるものがあります。

踏みつける意味を持つ履物系

靴・草履・スリッパなどは「踏みつける」という意味があるのでお世話になっている方に贈るものとしてはふさわしくありません。
靴下やマット・下着なども同様です。

「4」「9」が連想されるギフト。

「4」は死「9」は苦を表すので縁起が悪くお歳暮にはふさわしくありません。
ギフトの中身の数が4つや9つのもの、ないとは思いますが「櫛(くし)」は避けましょう。

目上の方への商品券や調味料

目上の方に商品券や調味料を贈ると「貧乏でしょうからどうぞ自由に使ってください」とみられてしまいます。
最近では商品券を贈るのもよくなってきましたが、まだ嫌な思いをする方もいると考えられるので避けたほうがいいでしょう。

また、時計や筆記用具などもNG。「これからもしっかり仕事(勉強)しろよ!」と捉えられてしまうので失礼です。

香典返しで定番の品物

海苔や緑茶は香典返しの定番ギフトのイメージが強いのでお歳暮向きではありません。
特にこだわりがなかったりお茶好きの方なら良いと思います。

お歳暮ギフトはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です