サタデープラスで紹介された凍み大根やトマト寒天がダイエットや健康にいいらしい!

サタデープラスは流行りの健康情報や芸能人のお金の使い方などの情報が満載でとても面白く毎週拝見しています。

先週放送されていた凍み大根とトマト寒天がダイエットと健康にいいらしく今注目されています。

凍み大根

凍み大根とは、長野県で多くつくられるもので、大根を輪切りにし、5分ゆでて、藁で結んで干しておくだけでできる食べ物。

凍み大根作りのキモとなるのが気温。

夜間は氷点下になり大根の表面に霜がおり凍ります。

昼間になると、太陽の光で凍った大根が溶けます。

凍結と解凍をくりかえして乾燥させていきできるのが凍み大根です。

寒い地方だからこそできる食材なのです。

乾燥する過程で細胞が壊れて、濃縮された栄養素が腸管から吸収されやすくなります。

 

凍み大根は煮物にしたり、味噌汁にしたり、そばと一緒にたべたりすると美味しいらしいです。

血管の老化を防ぐ

凍み大根は、高血圧の原因となるナトリウムを追い出してくれる、カリウムが生大根の15倍、肌荒れを防ぐ鉄分は16倍、骨を防ぐカルシウムは22倍になるんだとか。

これにより肌や血管の老化を防ぐといわれています。

実際に凍み大根を毎日のように食べている女性の肌年齢を計ると平均で実年齢より−11歳若いという結果が出ました。

 

さらに、食物繊維は生大根の16倍。

凍み大根の食物繊維は悪玉コレステロールを吸収されるのを抑えてくれます。

そして、腸内環境を整え肌の老化を防いでくれるんだとか。

 

凍み大根は楽天などのネットショップや長野県の道の駅で購入できるそうです。

 

トマト寒天

トマト寒天は寒天とトマトからできています。

最近の研究では腸を整えることで免疫力がつき健康が維持できるといわれています。

腸をよくするのは繊維の多い食べ物と発酵した食べ物です。

寒天は食物繊維の王様とよばれるほどトップクラス。

ごぼうの13倍もあるといわれています。

先ほども説明したうように、食物繊維は悪玉コレステロールを減らす効果が期待できます。

 

トマトに含まれるリコピンは抗酸化力が極めて多く血管の老化を防ぎ動脈硬化の予防に効果が大きく期待できるんだとか。

さらに最近では、トマトジュースに含まれるリコピンが善玉コレステロールにを増やす効果があることをカゴメが発表したことでも有名です。

 

この二つの食材を組み合わせたトマト寒天は悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やすことが期待できます。

 

【トマト寒天の作り方】

◆材料

棒寒天

トマトジュース

トマト

以上の3つです。

◆作り方

棒寒天1本を細かくちぎり20分ほど水に浸します。

(棒寒天がない場合は粉寒天でもOK)

寒天が溶けだしたらトマトジュースを300cc注入します。

トマトを湯むきして細かく刻んだものも混ぜ合わせます。

(トマトジュースだけでもOKです)

しっかりまぜたら型にうつして常温で固める。

そのままたべるのもよし!サラダにいれて食べるのもよしです!

冷蔵庫で1週間日持ちします。

トマト寒天から期待できる効果

トマト寒天を食べることで、腸の機能がよくなるので便秘解消になります。

血糖値が下がるので、高血圧予防や糖尿病予防&改善にもなります。

寒天は良いこと尽くしだとドクターもいっていました。

 

気になる方はぜひお試しください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です