クールビズ期間の女性ファッションまとめ!就活時のスーツやジャケットカーディガンなどのポイントを押さえましょう!

クールビズといえば男性がスーツからノーネクタイのワイシャツ姿に変わる印象ですが、女性のクールビズスタイルもあります。

女性がクールビズスタイルになったのは2013年あたりからで最近ではだんだん定着してきています。

しかしどんなものがNGでどんなものが良いのかがわからない方もまだまだ多いようです。

今回は女性のクールビズスタイルについてご紹介します。

就活で気をつけたい女性クールビズスタイル

就職活動は、自分の将来を決める大切なことなのできちんとした服装でのぞみたいですよね。

では、就職活動時のクールビズスタイルはどんなことに気をつければいいのでしょうか?

就職活動にNGなクールビズスタイル

露出は避ける

クールビズだからといってスカートを短くしたり胸元を開けたりしてはいけません。

逆にみっともないです。

下着は透けないようにする

ジャケットを脱いでシャツのみの格好の方もいますが、下着が透けていたり、下着の色が派手だとマイナスイメージにつながります。

キャミソールなどのインナーを着用して透けさせないようにするのがいいでしょう。

汗が目立たないようにする

就職活動は相手にいい印象を与えなければいけません。

シワがないスーツを着るのはあたりまえですが、汗染みなどが目立っていたら清潔感がないとみられてしまいます。

汗脇パットやクリーム等で対策をして汗を目立たないようにしましょう。

生足はもってのほか

暑いからといって生足はNG。相手に失礼です。薄めのデニールのヌーディーなストッキングを履きましょう。

就職活動におすすめのシャツ

就職活動に着ていくシャツは自分のバスト、肩幅、背丈にフィットしたシャツを着ていくのがおすすめ。

大きすぎるとぶかぶかでだらしがないし、小さいと下着が透けたり、ボタンの隙間から下着が見えてしまい下品な印象になります。

クールビズ時は7分丈がベスト。ジャケットから袖が見えないし、抜け感があるので涼しく爽やかにみえます。

 

ビジネスウーマンにおすすめしたいクールビズスタイル

就活中の女性とNGな点は同じ。

胸元や足元の露出は避けて下着を透けさせないようにするのがあたりまえ。

生足ももちろんNG。

しかし、就活生よりスタイルの幅も多くなります。

ではどんなものがいいのでしょうか?

クールビズ ジャケット

ジャケットを着る事できちんと感がでて好印象。

クールビズ時は7分丈のものが抜け感があって女性らしくおすすめです。

こちらはサマージャケットで清涼感がある色合いが夏に最適。

ドライ素材なので着心地も抜群です。

縦のストライプと裾が広がっていてフェミニンですね。

社内はクーラーが効いているところが多いのでジャケットをきてちょうどいいぐらいです。

 

クールビズ トップス

シャツのみの服装ならデザイン性のあるシャツが女性らしく素敵。

リボンタイはオフィスシーンで働く女性に人気。

スーツが華やかにみえるので柔らかく上品に見えます。

パフスリーブになっていてトレンドもおさえていますね。

 

今年はこういったとろみのある素材が流行しています。

パンツと組みわせればきちんと感がでて、クールで女性らしいビジネススタイルになります。

抜け感もあるので夏らしく爽やかです。

クールビズ カーディガン

ジャケットが暑いという方はカーディガンが最適。

温度調節しやすく、ノーカラーなので女性らしい着こなしができます。

オフィスで着るなら派手な色は避けてブラック、ネイビー、グレー、ホワイトといった落ち着いた色がビジネスシーンにふさわしいです。

 

クールビズ パンツ

テーパードパンツやクロップドパンツなら脚がすらっと細く見え、シャツ一枚と組み合わせてもまとまりクールなビジネススタイルになります。

足首が見えているので抜け感がありフェミニンな印象に。

無地やチェック、ストライプなどがビジネスシーンに適しています。

きちんと感がでるパンツなのでおすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です