ホワイトデー 金額 彼女へのお返しや本命の女性への贈り物の予算や相場

moneywhiteday

バレンタインが終わると今度は男性が女性にお返しをするホワイトデーがやってきます。
こういった執筆系の仕事をしていると、ホワイトデーのお返しの予算や金額の相場ってどれくらい?と聞かれることがよくあります。

状況やお返しをする相手との距離感などによって、予算や金額というのは大きく変わってくるので一概に「◯◯円」というわけにはいかないので、状況に応じていろいろと考察してみましょう。

今年のホワイトデーの予算に悩まれている方は参考にしていただければと思います。

ホワイトデーの予算の相場は年々あがっている?

毎年ホワイトデー関係の執筆をしていると如実に感じるのですが、ホワイトデーの予算というのは年々増えてきているようですね。
それに比例して、バレンタインに女性から男性に贈るプレゼントなどの予算などが増えているので、それに応えようと男性が考え予算が増えてきているのではないかと推測することができます。

ネットや雑誌のいろんなところで相場が紹介されていますので、その年の最新のものかどうか?というのはひとまず最初にチェックしておいたほうが良さそうです。

ホワイトデー 金額 彼女

まずはホワイトデーに彼女へのお返しに使う金額の予算相場です。
年齢と彼女との距離感によってやはり大きく変わってくるようですが、今年は平均して以下のような相場が多いようです。

10代 → 3000円〜4000円
20代前半 → 4000円〜5000円
20代後半 → 5000円〜7000円
30代 → 10000円〜

社会人なのか?学生なのか?というところでまた変わってきますが、年齢が上になり経済的にも余裕が生まれてきた場合には、食事や旅行などに彼女を連れていかれる方が多いのも事実です。
あくまでも相場として捉えておくといざホワイトデーのお返しを選ぶ際に参考になると思いますよ。

ホワイトデー 金額 本命 予算

次は本命の彼女に対しての相場ですが、ここでは付き合っていない本命の彼女という意味合いで紹介していきます。
男性も女性もお互い気になっているといったような関係の女性からバレンタインをもらい、ホワイトデーに自分も気があることを伝えるために本命の女性としてお返しをする場合などがあると思います。
バレンタインやホワイトデーをきっかけに恋愛に発展するといった王道のパターンですね。

金額の相場としてはやはり通常よりも高い価格でお返しをされる方が多いようです。
大体5000円〜7000円ぐらいの相場、あとは贈り物をどれだけ気が利いたものにするのかがポイントですね。

ホワイトデー お返し 金額 義理

最後はバレンタインに義理チョコをもらった場合のお返しの予算です。
義理チョコのお返しの場合は、通常の予算組みと違い、もらった義理チョコに対してトータルでいくらの予算にするか?というように考えるのが一般的で、5000円ぐらいが相場になっています。

トータルの予算が5000円で、お返しをする人が何人なのかによって1つあたりのお返しの価格が変わるといった手法です。
1つあたりのお返しの価格で最終的に落ち着くのが、大体300円〜400円ほどのようです。

会社勤めをされている方などは特にですが、義理チョコをもらう機会がたくさんありますので価格の参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です