父の日にぴったりのフラワーギフトはこれ!定番の花や色、一緒に添えた方がいいプレゼント紹介

c52d459783ec4b96641c62e28772ab88_s

父の日に迷ったらお花をプレゼントするのはいかがでしょうか?

無難ですし、お花は心が晴れやかになるので嬉しくなっちゃいます。

しかし、母の日はカーネーションなのが定番ですが、父の日ってなんの花が定番なのでしょうか?

そこで今回は父の日にふさわしいお花を調べてみました!

父の日に定番のお花はバラ

母の日はカーネーションですが、父の日はバラです。

Wikipediaに書いてありました。

母の日の花がカーネーションなのに対し、父の日の花はバラ。ソノラ・スマート・ドッドが、父の日に父親の墓前に白いバラを供えたからとされている。[要出典]1910年の最初の祝典の際には、YMCAの青年が、父を讃えるために、父が健在の者は赤いバラ、亡くなった者は白いバラを身につけたと伝えられる[2]。

出典:https://ja.wikipedia.org/

このことから赤いバラが父の日を意味するのがわかりますね。

ちょっと照れくさい気もしますが、愛情という意味合いもあるのでお父さんに愛をたっぷり贈ってみてはいかがでしょうか?

父の日のお花の色はなにがいい?

父の日に贈る花を色で迷ってしまう方も多いようです。

先ほどの話の流れだと、赤いバラが生きている方、白いバラはなくなっている方という意味合いがあり、赤いバラを贈る方が多いです。

しかしバラには色別で花言葉が異なります。

赤いバラ・・・「愛情」「美」「情熱」

白いバラ・・・「尊敬」「純潔」「約束を守る」

黄色いバラ・・・「友情」「嫉妬」「可憐」「献身」

紫のバラ・・・「誇り」「尊敬」

青いバラ・・・「夢かなう」「不可能」「奇跡」「神の祝福」

このような意味合いがあるので花言葉から色を選んで贈るのもいいですね。

色を組み合わせてもいいと思います。

お花だけじゃなく、お酒やお菓子と一緒に贈ると喜ばれる

お花だけでは少し物足りないので、お父さんの好きなお酒やお菓子を添えて渡すと喜ばれると思います。

お口が寂しくなる年頃ですし、みんなで一緒にお酒やお菓子を楽しめばお父さんのいい思い出になるのではないでしょうか。

お酒やお菓子以外でもいいのでお父さんの好きな食べ物をお花と一緒に贈ってみてください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です