美容に最適!亜麻仁油やココナッツオイルの次に来るのは『ざくろオイル』

最近は、オリーブオイルやエゴマ油、亜麻仁油などオイルブーム!

肌に塗ったり、食べたりするだけで痩せやすくなり、美容と健康にいいといわれています。

そんな痩せオイルで次にブームが来ると言われているのがざくろオイルです。

一体どんな効果がみこめるのでしょうか?

まずざくろとは?

e9fab152a165c365818973b00b3b42f2_s

真っ赤な果実が特徴的のざくろ。酸味と甘みがあり、美容に良いとされていることから女性の果実ともいわれているそうです。

ジュース、カクテル、香辛料になることが多いです。

もともとはペルシャが原産国で時が経つにつれて日本に伝わってきました。

日本のざくろは海外よりも酸っぱいため観賞用庭木として扱われることが多いです。

ざくろの効果は?

女性ホルモン活性化

ザクロには女性ホルモンの一種である「エストロン」が含まれており、女性ホルモン(エストロゲン)増加を促します。

女性ホルモンが増えれば、子宮や卵巣・膣などが発育し、妊娠しやすくなります。

また、肌に艶が出たり、髪の毛が抜けにくくなったり、胸がふくらんだりと女性の体に嬉しい効果ばかりが期待できるのです。

美肌・アンチエイジング

ざくろはアントシアニンが含まれており、抗酸化作用が強いです。

そのため、色素沈着を抑制しシミを予防したり、肌への負担を軽減してくれます。

また、ビタミンCが豊富なので肌に良く、美白やシミ予防効果があります。

免疫力アップ

ざくろに含まれるビタミンCやビタミンEは活性酸素を抑制し、体を錆びにくくし免疫力アップ効果が期待できます。

疲労回復に効く、ビタミンB1、ブドウ糖や、リンゴ酸なども含まれています。

 

ざくろオイルの効果は?

ざくろオイルはざくろの種子から抽出してつくられます。

ざくろ種子にはプニカ酸(オメガ5長鎖不飽和脂肪酸 )という成分が配合されており、体内の細胞内のミトコンドリアを活性化させて脂肪燃焼効率をアップしてくれます。

プニカ酸は良質な不飽和脂肪酸なので酸化しにくく、乾燥を防ぎ肌トラブルからも守ってくれます。

抗酸化物質が多く含まれているので、老化を促す活性酸素を除去し、シミしわ予防に効果的です。

免疫力アップも期待できるので健康にも良いといわれています。

おすすめざくろオイル

ヴェレダのざくろオイルです。

乾燥やハリがない部分に使うと効果的。

集中的に保湿をするのでなめらかな肌に。

肌の老化が始まる30〜40代の女性が使用しています。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です