胸の谷間がかゆい!原因は汗疹?バスト周りの肌荒れ対策まとめ

汗をかく季節になると下着の中が蒸れて痒くなったご経験ありませんでしょうか?

特に女性はブラジャーをつけているとすれたり汗の湿気で蒸れて肌荒れしたり痒くなってしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで今回バスト周りの肌荒れの原因と対策についてまとめてみました。

胸の谷間や胸下が痒くなる原因

d3df60b108fe86ac2c6a2e0d133f3d46_s

夏になると胸の谷間や胸下が痒くなる経験ありませんか?ひどいとニキビができていることもあるのではないでしょうか。

できることなら原因を究明してなんとかしたいです。

考える原因はいろいろあります。

汗による蒸れ

汗をかくと湿度が高くなり蒸れやすくなってしまいます。

谷間をつくるブラなんかは特に汗疹になりやすいんだとか。

素材があっていない

ブラジャーには様々な素材がありますが、その素材が皮膚にあっていないとかぶれてしまうこともあるようです。

レースやストラップとの相性が合わない場合もあります。

洗剤があっていない

下着を洗っている洗剤が皮膚に合わず荒れてしまうこともあるようです。

化学物質が入っている洗剤は注意が必要です。

サイズがあってない

胸のサイズとブラジャーのサイズがあっていないことからすれたりして肌荒れやかぶれにつながる可能性があります。

 

バスト周りが痒くならない対処方法

ベビーパウダーをつける

気になる箇所にベビーパウダーをつけることで汗をおさえることができかぶれ、かゆみを防止できます。お風呂上がりや下着をつける前、出かける前などにつけるのが効果的です。

 

就寝前に制汗スプレーをする

人間寝ている時に汗をたくさんかいています。

なので寝る前に制汗剤をふっておくことで汗をおさえることができます。

同時に清涼感もあるので快適に眠ることができます。

肌に優しい下着を身につける

ポリエステルなどのブラジャーは通気性がよくないので汗をかきやすくむれてしまいます。

下着の素材が原因で痒くなっているのであれば素材を天然コットン100%の下着に切り替えるといいでしょう。

吸湿速乾性が高いのでむれにくく肌感触がいいので肌荒れしにくいです。

無添加の洗濯洗剤を使用する

洗濯洗剤が原因ならば、無添加の洗濯洗剤に切り替えましょう。

赤ちゃん用の服を洗えるものがいいと思います。

arauは無添加の自然派洗濯洗剤です。

ハーブの香りがとてもいい香りで人気があります。

しっかり洗浄・保湿をする

胸周りや谷間は意外と洗いわすれがち。

さーっと洗うのではなく丁寧にしっかり洗いましょう。

そしてお風呂から上がった後はジェルやローションなどでしっかりと保湿してあげましょう。

そうすれば肌荒れやかゆみを抑えることができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です